2013年11月22日金曜日

ステライノベーションズのパンフレットができました。


2014年版のステラの新しいパンフレットができました。

ステライノベーションズと言えば、英語学校というイメージがあるかもしれませんが、英会話のレッスンの他に、海外取引に関するビジネスサポート・コンサルティングサービス、翻訳・校正サービス、企業向けビジネス英語研修を行っています。それらのサービスを、もっと多くの人に知ってもらいたいと思い、新しいパンフレットを作成しました。もちろん、一般向けの2014年スタートの新しい英語コースについても紹介しています。

ステラのサービスをより詳しく知りたいという方は、本ブログのお問い合わせフォームよりメッセージをお送りいただくか、下記のメールアドレスまで、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ
E-mail:info@stella-innovations.com
Facebook:https://www.facebook.com/StellaInnovations


-----
現在12月に開催予定の下記のセミナーの受講生を募集しています。今後、海外でさらに活躍できるよう、語学力とともに、海外で通用するビジネスマナーを身につけませんか?
12月7日(土)13:00 - 17:30 定員20名 11月29日(金)申込締切
12月14日(土)16:00 - 18:00 定員20名 12月6日(金)申込締切
詳細はステラビジネススクールのホームページまたは上記のアドレスまでお問い合わせください。

2013年11月18日月曜日

【1日完結ビジネスセミナー】COMMUNICATION STYLES 〜言葉遣いでコミュニケーションスタイルの傾向がわかる〜

ステラ ビジネス&マネージメントスクール主催
グローバル企業で働くビジネスパーソンのための1日完結ビジネス英語セミナーのお知らせ【2013/12/14(土)16:00〜18:00 名古屋開催】



ステライノベーションズ主催12月のセミナーのご案内です。コミュニケーション能力をもっと高めたい方、取引先、社内での上司や同僚とのコミュニケーションを円滑にし、より関係を深めたい方にオススメのセミナーです
> ステラ ビジネス&マネージメントスクールのホームページよりお申込みいただけます。


12月14日(土)、「グローバル企業で働くビジネスパーソンのための1日完結ビジネス英語セミナー」を開催いたします。このセミナーは、海外の大手企業で実施されている社員研修のひとつです。語学学習とは少し違ったアプローチで、海外の人とのコミュニケーションスキルをアップさせてみませんか?

※ 講義は参加者の方の意見を伺いながら、英語と日本語で進めていきます。本セミナーはTOEIC500点以上の若手社員~管理職の方対象のセミナーです。


本セミナーは、海外の大手企業では社員研修として使われているものです。言葉遣いで、自分または相手のコミュニケーション傾向が驚くほどわかり、それに合わせてコミュニケーションの取り方をうまく調整することにより、より深い人間関係を築くことができます。海外の企業で実施されている社員研修の内容を体験することのできる、貴重かつ有益なセミナーですので、ぜひご参加ください。
  1. 自分のコミュニケーションの傾向を知る。
  2. 相手のコミュニケーションの傾向を知る。
  3. お互いのコミュニケーションの傾向を知ることでよりよい関係を築く。
  4. 相手の傾向により自分のアプローチの仕方を考える。
  5. 欧米人、日本人は、どのような傾向が強いかについてディスカッションを行う。
  6. 質疑応答
 英語(70%)と日本語(30%)を混ぜながら行います。(割合は目安です。)


自分自身のコミュニケーションの傾向、及び相手のコミュニケーションの傾向を言葉遣いからつかみ取り、相手に合わせたアプローチができるようになることで、国内外でのビジネスにおいて相手とよりよい関係を築き、将来の活躍につなげます。

【日時】12月14日(土)16:00 - 18:00(15:40 受付開始)
【受講料】¥6,000(資料代・消費税込) 定員20名(先着順)
 ☆早期・グループ割引あり
・11/26までにお申し込みの方 → 
¥5,400
・3名以上でお申込みの方 → ¥5,400
・11/26までに3名以上でお申込みの方 → ¥5,100
【会場】名古屋駅 菱信ビル(名古屋駅より徒歩2分)
【講師】マリオ ノンコビック

ステライノベーションズ代表として、海外で取引を行っている日本企業が直面するミスコミュニケーションの解決およびより良い関係を築くためのノウハウを提供しております。英語プレゼンテーション&ネゴシエーションスキル研修を得意分野としており、大学・大手企業向けのビジネス研修において高い評価を受けています。または複数国での居住経験をもとに実施している異文化理解研修にも定評があります。 講師またはコンサルタントとして、三菱重工業㈱、豊田通商㈱、㈱第一システムエンジニアリング、ブラザー工業㈱、日本ガイシ㈱、中菱エンジニアリング㈱、岐阜大学大学院、東京農工大学、朝日大学、名古屋大学等でのサポート実績あり。


ご質問、ご相談は、英語・日本語で対応いたします。
お気軽にお問い合わせください。

【お問い合わせ・お申込み】
  株式会社ステライノベーションズ(名古屋駅から徒歩5分)

2013年11月6日水曜日

【1日完結ビジネスセミナー】BUSINESS FIRST IMPRESSIONS 〜 第一印象を劇的に変えることはできるか?〜

ステラ ビジネス&マネージメントスクール主催
グローバル企業で働くビジネスパーソンのための1日完結ビジネス英語講座のお知らせ【2013/12/7(土)13:00〜17:30 名古屋開催】



ビジネス英語を学びたいけど、平日仕事のあとにレッスンに通うのは難しい。毎週同じ時間に長期間時間をとるのは難しい。という忙しいビジネスパーソンを応援するために、ステライノベーションズでは定期的に土曜日に1日完結のビジネス英語講座を開催しています。

12月7日(土)、「グローバル企業で働くビジネスパーソンのための1日完結ビジネス英語セミナー」を開催いたします。すでに海外企業との取引を行っている方、または海外展開を進めている日本企業の方対象のセミナーです。海外の取引先との関係を深めたい方、また英語に苦手意識のある方にも役立つ内容となっております。

仕事で英語が必要!スキルアップしたい!もっとスムーズにコミュニケーションがとれるようになりたい!と思っている方にオススメのセミナーです。
※ 10月12日開催のセミナーと同じ内容のセミナーです。

> ステラ ビジネス&マネージメントスクールのホームページよりお申込みいただけます。

※ 講義は全て英語で行われます。本セミナーはTOEIC500点以上の方および新入社員~中堅社員の方が対象となります

驚くほどわかりやすい例や適切な英語表現、多くの方が実際に直面する異文化のケース紹介、実践練習とフィードバックによって構成されています。わずか4時間の講座ですが、あなたの英語表現や初対面における意識が劇的に変わることは間違いありません。

効果的かつ印象的な第一印象を残し、会話と関係を発展させるスキルを身につけ、あなたが次のステップへ進むきっかけとなるよう、講師が丁寧に講義とトレーニングを行います。

【日時】12月7日(土)13:00 - 17:30(休憩時間15:00 - 15:30)
【受講料】¥15,750(資料代・消費税込) 定員20名(先着順)
☆早期・グループ割引あり
・11/19までにお申し込みの方 → ¥14,200
・3名以上でお申込みの方 → ¥14,200

・11/19までに3名以上でお申込みの方 → ¥13,400
【会場】名古屋駅 菱信ビル(名古屋駅より徒歩2分)
【講師】ニコラス ヤクセリー
ステラ実用ビジネススキル養成スクールの教育責任者ニコラス ヤクセリーによる一日完結のセミナーです。ヤクセリーはケンブリッジ大学の英語教育の修士号を取得しており、9年日本で大手企業や大学で教育コンサルタントとして活躍しています。ビジネスにおけるリアルなコミュニケーションの能力を高める教材の作成及び指導を得意分野とし、英語に苦手意識のある日本のビジネスパーソンが海外で活躍できるようサポートしています。講師およびコンサルタントとして、三菱重工業㈱、豊田通商㈱、㈱第一システムエンジニアリング、日本ガイシ㈱、岐阜大学大学院、朝日大学、愛知県立大学、名古屋外国語大学、岩手大学でのサポート実績あり。


ご質問、ご相談は、英語・日本語で対応いたします。
お気軽にお問い合わせください。

【お問い合わせ・お申込み】
  株式会社ステライノベーションズ

2013年11月4日月曜日

English Only! Are you sure?



English Only! Are you sure? 

‘English only, please! You must speak English. No Japanese.’

They say that this strict policy is good for the students. Forcing students to ignore their native language helps them. The students’ their learning potential is maximized and…HOLD ON! Wait just a minute! Just a moment, please!
Is it really bad to use Japanese when you are learning? Or, is it just part of a very successful promotion campaign used by many schools and educational institutions? The answer is a little of both. Let’s take a closer look at this issue and see if we can get a better understanding so we can make our own decision.

Point!  Japanese people need an only English learning environment because they are good at writing but not speaking.

If we look at the issue from a cultural point of view it is perhaps easy to understand why this policy has become so popular. It is a common for many Japanese people to have a stronger understanding of written English. Such people cannot confidently and smoothly express themselves when speaking in English. We can understand this because Japan is a largely mono-lingual society and this means that there are very few chances to speak English. Also, Japanese culture tends to look negatively upon making mistakes, so it is not surprising that Japanese learners of English want to focus on what they do better, writing. 

So, ‘English Only’ in classrooms, right?

Well, yes, it is very beneficial to get as much speaking and listening practice in the classroom as possible. Students can get very valuable practice and confidence by speaking English in a ‘safe’ environment where mistakes are OK. But does that mean we have to avoid using Japanese all the time? Will using some Japanese damage the students’ learning potential? Not exactly. You see, using English only comes with some risk, too. Let me explain.

The human brain is an incredible, and yet, very predictable organ. When we are young our brain is like a new computer. Its super fast, has a huge memory, gigabytes of ram, and makes an Intel microchip seem like a sleepy snail. Also, the young mind has no patterns, it’s not pre-programmed or hardwired. You can ask it to do pretty much anything and the young brain will do it. Unfortunately, the adult brain is not the same. 

An adult’s brain is like your old computer. You like it because you know where everything is. You know all the files and what are in them. You’ve got templates everywhere, and you’ve created desktop shortcuts, copies and backups for everything. The computer’s performance is not as fast as it used to be, and the memory is nearly full, but you know it so well that you could close your eyes and still use it. It’s like an old shoe; it fits you perfectly. 

Can you see where I’m going with this? Which kind of brain do you think would react better to a flood, an overflow of new information, like being exposed to a foreign language non-stop for an hour? You guessed it, the young brain. 

An adult brain is preprogrammed from years and years of use and when we ask it to behave and react in a strange way, it will try its very best to reject the new way and stick with what is old and comfortable. Sure, after time, the brain will slowly force itself to change, but only with a very very good reason. Learning English as a hobby for easier travel, or because the company requires us to study, are often not strong enough reasons for the brain to give up its old habits. So, when you enter a language classroom as an adult, all the information that you receive is being processed by your very annoyed brain. It wants to keep its old habits and your brain will try to fit all of the new information into the files and templates it has already created, even if the old file and new information don’t really match completely. 

Have I lost you? Are you still following me? Well, maybe this example will help. Student A goes to a lesson and today’s topic is ‘Describing People’ the student hears the teacher say the phrase, ‘Tom is very smart. He goes to a very good university.’ Well, Student A’s brain already has a file for that word スマート, meaning ‘thin’. Sure, the example from the teacher is quite good; the teacher is trying to make students guess the meaning with the hint about Tom going to a good university. But has Student A processed the information correctly.

Well, unfortunately, Student A’s brain locked on to the familiar, to what it knew already. ‘Smart, yes,’ the brain says, ‘I have a file for that. I know the meaning. Next word please.’ Now, with enough time and experience we can force our brain to pause and carefully process information, but very often that is not possible. We may only study English, once a week, for 50 minutes, and our teacher only has 50 minutes to open our brains and confirm that the information has been processed and stored correctly. And what is the risk? Well, if the information is stored incorrectly, and we don’t discover the error, the danger is that that error will become locked in the file and will never be able to be deleted. 

Remember, Japan is a mono-lingual environment and there are very few chances to discover the error outside of the classroom, unless you are using English every day. The only time when the error can be found is at that moment, in the classroom with the teacher. It would be much simpler if we take some simple risk management and use Student A’s first language to confirm that the word has been stored in the right file. Obviously, the example I used with the word ‘smart’, is very simple. I hear you say, the teacher could easily confirm the meaning with the student in English! Well, maybe: 

Teacher: ‘Let’s think of some smart people. Well, there is Albert Einstein and Steve Jobs. They were very smart.’ 

Student A’s brain: Yes, those people were thin I guess.

Teacher: Student A, who do you think is smart?

Student A’s brain: I guess the teacher likes thin famous scientists and inventors. 
Student A: I think Thomas Edison was smart.
              
Teacher: That’s a great example.

Ok, so maybe my example probably would not happen; it is too simple. However, the risk is there, especially for much more complicated language and grammar. And yet this risk could be minimized with one simple step:

Teacher: Good example, Student A. So what do you think smart means in Japanese?

Student A: Hosoi 細い.

Teacher: Ah, Ok. I think we need to review the meaning in English again. Smart has a different meaning in English.  

Just remember this. The adult brain likes what is familiar and it will try very very hard to fit new information into what it already knows, especially when it is not under pressure to change. 

So, I finish my post with these questions and answers:

Q. Do Japanese speakers need more chances to communicate in English?
A. Absolutely

Q. Can translation be used responsibly as a confirmation to tool help support an adult student’s learning?
A. Absolutely.

Q. Why are schools telling us that using Japanese in class is bad?
A. I don’t know. 



講師の紹介:Nick
ステラビジネス&マネージメントスクールで、毎週月曜19:00〜の「Get Real! Get Native!」を担当しています。ケンブリッジ大学の英語教育の修士号を取得しており、9年間日本の大手企業や大学で講師及び教育コンサルタントとして活躍してきました。リアルなコミュニケーション能力を高める教材の作成および指導を得意分野とし、英語に苦手意識のある方が自信を持って英語で話し、海外でも活躍できるようサポートします。

現在、ニックが講師を担当する、グローバル企業で働くビジネスパーソンのための1日完結ビジネス英語講座「Business First Impressions 〜初対面で印象に残る者が勝つ!」の受講受付中です。12月7日(土)13:00~17:30の4時間のセミナーで、初対面の相手にいかに好印象を与えることができるのか?また初対面の相手の心をつかむものとは何か?について学ぶとともに、トレーニングによりスキルアップを目指します。
定員20名(先着)となっておりますので、ぜひお早めにお申し込みください。
詳細はこちら >>

一日完結ビジネス英語セミナー「Business First Impressions ~初対面で印象に残る者が勝つ!~」

お問い合わせ
E-mail:
info@stella-innovations.com
ホームページ:http://school.stella-innovations.com/lessons
Facebook:https://www.facebook.com/StellaInnovations
株式会社ステライノベーションズ(名古屋駅から徒歩5分)